借金返済完了したのに借用書を返却してしてもらえない!!

借金を行うときに交わす「借用書」。
本来であれば、借金の返済が終了した時点で返却してもらう必要があります。
なぜならば、返済が完了しても貸主の手元に借用書があれば「この借金はまだ返してもらっていないよ!」と主張される可能性があるためです。

返済を行ったという事実が確認できれば、仮に裁判となっても返済の主張が覆ることはまずないと思われます。
例えば、預金口座に振り込んで行った場合や領収書を受け取った場合などは、返済を行ったという事実が確認できますので、まず問題にはならないでしょう。
しかし「振込金は別のお金でしょう!」と相手側が主張すると、裁判で負けるとはいかないまでも、少しややこしいことになるかもしれません。
とくに個人間の貸し借りで、これらの主張が入り組んでしまうと、解決までに余計な手間と時間を要する可能性もあります。

そこで借金の返済が完了したのに、借用書を返却してもらえない場合には、内容証明郵便などを利用して、返却を請求するようにしましょう。
「あなたに対する借金は○月△日に□□円支払って返済完了しましたので、ただちに借用書を返却してください」といった文言の証明郵便を発送するようにしましょう。
内容証明郵便であれば、発送を行った証拠として裁判時でも有効的な証拠となります。
仮に相手側がすぐに反論しなければ、その内容を承認していたということも主張できます。

ここまでのトラブルに発展することはあまりないかもしれません。
しかし相手が悪徳業者などの場合には、思いもかけなことも起こり得ます。
借金を返済し終わったら、必ず借用書を返却してもらうようにしましょう。
関連