任意整理で支払いが遅延すると利息は?

任意整理後、返済が遅れてしまった場合の対応については、各債権者によって異なります。多くの場合、2回以上つまり、2か月以上連続して支払いが遅れた場合には、任意整理の和解契約が無効となり、借金残高の一括返済を求められるとなっている事が多いようです。しかし、実際には返済遅延が合った場合でも、一時的に支出が増えてしまった、病気になってしまったなどの特別な理由があった場合には、早めに返済が遅れるという旨を債権者に対して相談し、交渉することで一括返済を免れることが多いようです。
ただし、任意整理後、返済遅延の状態が数ヶ月続いたにも関わらず、何の連絡もしなかったという場合には、借金残高の一括返済が求められる場合もあります。その際には、借金残高だけではなく、遅延損害金も請求される事があります。この遅延損害金については、滞納した日数に応じて異なります。利息の計算と同じく、年率換算となります。ただし、通常の利息よりも高く設定されていることが多いため、一括返済をすることになった場合には、多額の利息が請求されることも考えられます。
もし、何らかの事情により、返済をすることが出来なくなったという場合には、任意整理以外の債務整理を行うことにより、生活を安定させることが出来る場合もあります。再度、任意整理を行うという方法もありますが、和解交渉は難航を極めると言わざるをえないでしょう。それよりも、状況に応じて個人再生や自己破産を選択したほうが良い場合も多いようです。参照元:任意整理とは